FC2ブログ

本日も本末転倒

26 2010

とてもささやかなIllustrator活用術

Adobe Illustratorはグラフィックソフトなので、
普段、絵を描くのに使っています。
まあ、主に↓こんなカンジの。
びんがあかない

とても多機能のアプリケーションなので、
知らないままの機能が大半と思われます。

私が使うには完全にオーバースペックなワケだけど、
それはそれなりに使いこなそうと(元を取ろうと)頑張っておるのです。


ところで(←無理矢理な話題転換)近所に輸入食料品のお店ができました。
はじめて見る様な食品が一杯で、眺めているだけでも楽しいです。

で、「ラベル不良のため」なんて理由(ラベルの端っこがちょっと浮いてるかな、程度)で
通常価格の7割引きぐらいになってる商品があったりするもので、
つい、馴染みの無いものでも手に取ってしまいます。

この夏、そうやって、ザワークラウトにはまりました。
どんな風に食べるのかも知らなかったのですが、
ラベルに書いてある料理がとても簡単そうだったので一壜買ってみました。

で、その超簡単料理(豚バラ肉と水と一緒に煮るだけ)が、思いのほか美味しかったので、
安いうちにと大量買いし、それ以来、「スーパーで豚バラブロックが安い!」と見ると、
翌日のメニューは「豚肉のザワークラウト煮込み」となるのです。

異常気象で野菜価格高騰の夏にとっても有り難かったけど、
通常価格に戻っても、きっと買ってしまうんだろうな。
最初からそれがお店の狙いだったのかも。

こうやって一小市民が食料自給率を下降させることになるんだなあ。


さて、このザワークラウトの壜だけど、一つ難点があります。
私にはこの壜を開けられないのです。

ラバーを巻き付けるタイプのボトルオープナーは、全く役に立たない。
こうなると、てこの原理で開けるタイプのじゃないと駄目だな、と、いろいろ探してみました。

探してみると、案外、そおゆうタイプって少ないのね。
消去法で、候補は一つに絞られました。これです。
ジャーオープナー
直径85mmのフタを開けられるかも知れないのがこれしか無かった。

しかし、これも最大で何mmのフタまで対応しているのか、どこにも書かれていない。

手掛かりになるのは、ネット上の画像と、その製品のサイズのみ。
注文して良いものだろうか?



そこで!

Illustrator登場です。

公表されている製品のサイズの長方形を画面上に描きます。
そこに、ネットで拾った製品の画像を取り込み、当てはめてみる。
びんあけサイズ検討
プロポーション合ってないじゃん、真俯瞰じゃないのかこの写真、いや、この円は正円に近いからそんなに歪んでないはず、まあアバウトで良いんだから…などとヤクタイもないことを考えながら画像を拡大。

そこに、直径85mmの円を描いて乗せてみる。

まあ、大丈夫であろう、と判断し、近所のお店に取り寄せてもらいました。



手に入れました、OXOのジャーオープナー。
めでたく豚バラブロックが安い日も巡って来ました。

さあ、意気揚々と壜開けに挑戦です。
みかえるのびんあけ3

開かない。

フタのサイズより問題だったのは、壜本体をいかに固定するか、でした。嗚呼。

直径110mmの壜は私の手には大きすぎた。

結局、今回も同居人に開けてもらいました。
情けねえ…。


しかし、次回は壜の胴にラバー巻き付けて試してみます。
ラバークリーナー2
本来の用途に使うことは無くなったけど、絵の具のフタ開けたりするために、
ラバークリーナーは常備してあるんです。




スポンサーサイト



Posted by 美かえる | 16:26 | Comment [0] | TrackBack [0] | 未分類

© FC2 BLOG / ooq:blog